JNRの結婚後ブログ

PAでの婚活の記録と結婚後の生活、雑記

社内失業に陥るとどうなるのか

以前、ちらっと社内失業について触れましたが、もう少し。

海外ではボーアウトというらしいです。

経験したことがなければ、仕事の場でそんなことあり得るのか?という印象を持たれることが多い気がします。

 

自分の場合は、気がつかないうちに茹でガエルになっていました。

このケースは対応が遅れると本当に致命的です。

何らかの理由で、気がつくと仕事の主流から外されている、いつの間にか仕事が回って来なくなっている、など自覚した時には落とし穴に落とされています。

自分が離脱できたのは、本当に運良くその当時の上司の介入があったからにすぎません。結果的に仕事は上手くいかなかったのですが、社内失業から離脱できた事は助かりました。

 

このケースがまずいのは、結果として仕事をしていないがために周囲に言いづらいこと、あるいは仕事をしているフリをしてしまうこと、勤務時間の経過を待つためにメンタルをすり減らすこと、次第に自暴自棄になっていくこと、あとはこれらの悪循環によってどんどん自力で抜け出せなくなります。

そして仕事の実績を何も積んでいないので、長期化した場合は転職等で環境を変えることすら難しくなります。

 

何もしていないのにメンタルをすり減らす、というよりも何もしていないからメンタルをすり減らします。

雇用契約上は職場に一定時間いなければならないが、いてもやることがなく、暗黙のうちに自分の存在意義を否定されると受け取ってしまうためです。

おまけに、何もしていないので、体感時間が極めて遅くなります。

1日が異常に長く感じられ、定時頃には疲れ果てます。

毎日8時間、生産的な事は何もせず、所定の場所から動くこともできず、周囲の目を気にしながら適当に時間を潰さなければならず、しかもこの毎日に終わりはない、としたら苦痛でしかありません。

 

休日に何もしないと決めて、文字通り何もせずただ座っている状態を続けたとしたら非常に辛いと思いますが、それとほぼ同じことです(周囲の目はありませんが)。

許可されるのは食事とトイレくらいですね。それ以外は読書も勉強も、横になるのも、寝るのも、遊ぶのもネットも禁止。

 

過労によるバーンアウトと違って、何もしていないのに壊れます。

バーンアウトは実績自体は積んでいるので復帰さえできればまだ望みはあると思いますし、無茶を続けていればどこかで無理が来るので、そのうち止まらざるをえません。

社内失業はそれすらない訳で、組織内で解決ができなかった場合、非常に厳しい未来が待っています。

 

離脱方法は・・・正直これ!という方法は思いつきません。

能動的に動ける場合、話のわかる信頼できる上司に相談する、異動などで逃げる、転職する、などですが、どれも簡単ではありません。

上司は、そもそも話のわかる上司がいなければ話になりません。

次の部署へ異動できたとしても、長期間自信喪失した状態では満足なパフォーマンスを出すことも難しいでしょう。

転職も同様に、自信喪失状態では通るものもなかなか通らなくなります。

 

いっそ医者に行き、休職診断をもらって休職で仕切り直してしまった方がいいのかもしれません・・・

会社によっては人事部預かりとなって、復職時に別部署に異動できるでしょうから。

ただ、これも休職できるほどの相応に遵法意識のまっとうな会社という条件がつきます。

 

ただ、できれば休んで仕切り直した方がいいのではないかと思います。

悪い状態でいきなり退職して、さらに不安定な状態に陥るよりも、最大1年半の時間的な猶予はできます。

傷病手当金が支給されればいきなり生活に行き詰まることはないはずです。

ただ、支給されるまで手続き等に時間がかかること、通常時は会社と折半している社会保険料などが全額のしかかってくることなどには注意が必要ですが。

何度も使える手ではありませんが、非常時ですから使ってもいいのではないかと思います。