JNRの結婚後ブログ

PAでの婚活の記録と結婚後の生活、雑記

復帰までの道のり4

休暇中にもう一つ勉強になったのは、人間関係の機微です。

D・カーネギーの「人を動かす」や「道は開ける」は古いアメリカの事例であり現代の古典とも言えるものですが、対人関係での対処として特に参考になりました。

人間関係のトラブルに対し、敵対的関係を避けて、友好関係に持っていくか、ということがなんども語られています。

あくまで対人関係そのものが主であり、組織内での人間関係に触れているわけではありませんが、基本は同じと思います。

相手を尊重し、承認欲求を満たしてやり、いかに自分の目的を達成するため相手に自発的に動いてもらうか、文字にするとたったこれだけですが、実践するのは自分なりの訓練や練習が必要でしょう。

 

もちろん、自分がどう思われるかは相手の世界ですから、最終的にはどうしようもないのですが、何も好き好んで攻撃的・敵対的な言動を取ってわざわざ敵を作る必要はありません。

また、普通の発言であっても意図せず相手のメンツを潰していることもあり得ます。

会議のような人が集まる場では特に注意しなければ、自分の善意によって無自覚に恨まれることにもなるかもしれません。

こちらの方が自覚がない分だけ怖いですね。

 

 

今まで、どこか正しいことを主張すれば、それが通ると考えていた節がありました。

正直、組織の政治力学を本当の意味では理解していない愚かな行為だったとしか思えないのですが、案外陥りやすい罠ではあるのかもしれません。

職位が上の人ほど批判されることにはなれていないし、メンツは権威・権力に直結するだけに、批判には敏感です。

何より組織内で何でも白黒決着をつけることは危険な行為です。

相手をやり込めても、相手が組織を去ることは稀です。

長期戦となる組織内政治において、相手の恨みを買うことは必ず禍根を残します。

そのうち思わぬところで攻撃されたり、足を引っ張られるでしょう。

 

正しいことが重要なのではなく、誰が言ったかが重要、とはよく言ったものです。

ほとんどの人は論理的な正しさや理屈では動かないし、組織ともなれば全体の利益以上に自部門や自分の利益が優先されることは普通のことです。

それが政治的影響力に直結するとなればなおさらです。

 

組織の中での政治的関係を理解せずに、組織の中でうまく動くことなどできるわけがありません。

発言力が欲しいなら、仕事で実績と信用を積み上げ、人間関係には注意を払う、不用意に敵を作らないなど、地道で細かな配慮が必要になります。

自分の正当性を主張するあまり、攻撃的な言動を取れば確実に敵を作ります。

 

 

別に人付き合いが好きだったり得意である必要はないと思いますが、人のメンツを潰さない配慮は絶対に必要だと思います。

 

 

どこでも政治的関係を理解しない「正義の人」が煙たがられ、受け入れられないのは自明のことでしょう。

「正義の人」は内心では承認欲求を満たしたくて「正しい主張」を繰り返すのでしょうが、結局のところその正しさを使って無自覚に人を攻撃するだけですから、認められるわけはないのです。

仮に、相手が正しさを受け入れたとしても、メンツを潰されたと感じていれば確実に敵意が蓄積されるでしょう。 

「正義の人」であり続ける限り、自分自身で解決すべき承認欲求を他人に向け、承認を得ることに執着しているので次第に息苦しくなるに決まっています。

自分は常に正しい、受け入れない周りが悪い、間違っている、と言って敵を作るのですから。

自戒を込めてではありますが、一番欲しい他者からの承認を求めながら、承認からもっとも遠くに位置しているのは、側から見れば滑稽というか悲劇というか、哀れですらあります。

 

 

 

今更ながら、どのような人間関係であっても特段の配慮が必要であると理解できたのは大きな気づきでした。

今まで自分がどれだけ人間関係や政治的関係に無知であったか、どれだけ敵を作ったか、考えると正直恐ろしいものがあります。

ただ、今の時点から今後の自分の行動を改めることはできます。

 

評価は周りの人が勝手に行うでしょう。

他人が勝手に行うことなど、自分ではどうすることもできません。

もはや他人からの評価自体には価値を見出してはいないのですが、組織の中にあって政治的影響力と周囲の評価は相関しますから、無視できないことも事実です。

他人の評価を求めて承認欲求に振り回されないことが重要ではないかと思います。

 

結局、他人のことより自分のミッションに集中することから始めるべきなのでしょう。

ただ、働く環境と上司だけは極力良いところを選ばなければ自分の今後に関わります。

よくない環境であれば変えた方が結局は良いのではないかと思います。

必ず良くなるとは言えませんが。