JNRの婚活記録&結婚後ブログ

パートナーエージェントでの婚活の記録と結婚後の生活とか

効率よい婚活?

久々に更新です。

日々日常の生活になってしまうので、婚活が終わってしまうとあまりネタが無いのです。もう婚活から離れて日常のことをネタにするとか・・・?

婚活がほぼ終了した段階から始め、活動の注意点などを書いてきましたが、結局のところ婚活を効率よくゴールする方法なんて地道に出会う機会を作り続けるしかないわけです。

 

男性の立場としては見た目を改善し、場慣れし、無理に取り繕わずひたすら会う、これ以外の方法はないだろうと思います。

そもそも女性慣れしている人は婚活の場にまずいないですし、そうなると一歩でも早く抜け出したほうが有利です。

近年、人数比では4:6~3:7程度で男性有利ですから、男性側にとっては基本的な改善と出会いを積み重ねれば十分可能性はあるはずです。

逆に女性側はそもそもの人数比で不利なうえ、年齢・年収でも判断されるのでかなり厳しい状態と思われます。

受け身な女性が多いので、エスコート等あてにせず自分から積極的に動けばそれだけでかなり有利になると思います。

 

やっぱりメンタルケアが大事

精神的にダメージを受けないよう、90%以上は断り・断られるのが普通で、自分が悪いわけではないと思い込むしかありません。どのみち相手からのNOはどうすることもできませんし。

挫折から精神的に嫌になって活動自体をやめてしまうというのは自分も経験していますし、ここから活動再開するというのはかなりエネルギーのいる行為です。

そうなる前に、ストレス解消をして活動できる状態を維持することが大事ですね。

 

活動場所

活動場所も選んだほうがいいと思います。自分の有利な場を選びましょう。

不利な場で足掻いても有利にはなりません。

 

結婚情報サービス系は男性側は高年収が圧倒的に有利です。料金もそれなりに高いです。

PAのようなお見合い系は出会いやすいと思いますが、料金はかなり高め。また、PAも男性側は年収等の入会制限があります。

お見合い系はお相手も見つけてきてくれるので探す手間は省けてかなり楽です。

最後の砦的な扱いを受けることも多いようですが、実態は厳しいです。

料金のわりに成婚率も高くはありません、PAは数値と算出方法も公開していて高い方と言えるでしょうが、結婚に結びつくかは結局本人次第です。

 

ネット婚活は安いですが、その分いろいろと自分で動かなければなりません。

苦にならないなら安くていいと思います。

自分はやってられなくなってやめましたが。

 

婚活パーティは個人的には大失敗でした。

当時は男性側は料金も割高で、貧相な食事と飲み物が付くだけ。

男女合計30~40人で、2時間だと実質1人3分もありません。

同席する周りのライバルも自分のペースを乱されて邪魔なだけでした。

中間発表があったりするとさらに残酷ですね。