JNRの婚活記録&結婚後ブログ

パートナーエージェントでの婚活の記録と結婚後の生活とか

結婚指輪その3

結婚指輪その3。

日を改めて某デパートへ。

3大カッターズブランドを1度に見ることができます。

 

ラザール

まずはラザール、アメリカのブランド。

派手な虹色の輝きが特徴ですね。

ここはGIA(米国宝石学会)のマスターストーンを提供しているブランドでもあるため、現在のダイヤモンドの美しさの基準を提供していると言ってもいいでしょう。

 

いくつか見せてもらいました。

普通のメレダイヤを埋め込んだものはかなり輝きます。

一方、極小メレダイヤを埋め込んだものは小さすぎて爪の方が目立ってしまっていて、あまり輝かずやや残念な感じ。

婚約指輪と合わせた感じが今ひとつしっくりきませんでした。

 

モニッケンダム

モニッケンダムはオランダ創業で、第一次大戦の戦火を逃れて現在はイギリスのブランドになっています。

ここは上品な柔らかい白い輝きが特徴ですね。

クラシック風でややゴツめのデザインが多いようです。

婚約指輪と合わせた感じは良い感じに見えました。

 

ロイヤルアッシャー

ロイヤルアッシャーはオランダのブランドです。

上品な強い白い輝きが特徴ですね。

ウェーブ、V字を見せてもらったところ、なかなか良さそうなデザインが2つありました。婚約指輪との相性も非常に良い感じです。

 

ようやく決定

一通り見たので一時撤収して、どれを選ぶか相談。

ダイヤの品質についてはどれも問題ありません。輝きの違いについては好みの問題でしょう。ちなみに良質なダイヤは暗いところでも光るそうです。

個人的にはロイヤルアッシャー、モニッケンダムが好みでした。

 

相談の結果、重ねた時の相性が良かったロイヤルアッシャーから選ぶことに。

候補の2つとも婚約指輪との相性は良かったので、最終的にはメンズのデザインで決めました。

 

結婚指輪は選ぶのが難しいですね。

親世代ならダイヤ無しのストレートばかりだったんでしょうが、今はデザインも多様です。結局決まるまで1ヶ月くらいかかりました。