JNRの婚活記録&結婚後ブログ

パートナーエージェントでの婚活の記録と結婚後の生活とか

結婚指輪その2

年末でだいたいの予算感は掴みつつ、決めきれなかったので改めて探しに行きました。

 

まず別の御徒町の問屋系列のお店へ行ってみました。ここは通常保障の指輪と、保障を切ってその分安く提供する指輪がありました。

保障以外は特に遜色無い感じだったものの、何かこうパッとしないんですよね。

こちらも何を選べば良いのかよくわかっていないので、ひたすら店を回る感じになっています。

 

次いで、ジュエリー系のブランド店へ。

若干値段が高い・・・その割にそこまで特別感は感じないという。

デザインがごついファッションリングっぽくて結婚指輪という感じじゃないような。

どうも趣味に合いそうになかったので適当なところで切り上げ、次へ。

 

ここでデパートに入って各種ブランドを眺めていきます。

が、やっぱり何を選ぶべきかの軸が無いので全然決まりません。

そんな中、ダイヤの3大カッターズブランド(ロイヤルアッシャー、モニッケンダム、ラザール)をチラ見したところ・・・

?!?!

小さなメレダイヤの輝きでさえ、他とまるで違うんですが・・・

今まで見たのは何だったのかと。

何でも、メレダイヤも婚約指輪に使える高グレードなものしか使わないとか。

良い石と高いカット技術があれば小さくてもちゃんと輝くんですね。

 

ダイヤのカットで有名なブランドなのに、メレダイヤしか入らない結婚指輪はそんなに高くありません。婚約指輪に使う0.2c Overのものはさすがに高いですが、強い輝きで一回り以上大きく見えます。

この瞬間、他のブランドは候補から消え、カッターズブランドの中から選ぶことを決めました。あれを見てしまうともう他から選ぶ気にはならなかったです。値段も大差無いですし。

ハイブランド系も同等に輝くようですが、ブランド料だけで値段が跳ね上がるので候補にはなりません。

 

そのままデパート店内を巡回していると販売員さんが、「そんな選び方じゃ何店舗回っても絶対決まらない」と一言。

まず基準を作る、婚約指輪がストレートならストレートと、ウェーブがかかった婚約指輪と重ねるならV字かウェーブに絞り、その中から気に入ったものを選ぶべきだ、という話でした。

時間も遅かったし、大きなヒントをもらえたので次回で決めることにして撤収。

メーカーもカッターズブランド3社で絞り込めたので、ここまで決まれば上出来でしょう。