JNRの婚活記録&結婚後ブログ

パートナーエージェントでの婚活の記録と結婚後の生活とか

式場選び@八芳園

歴史ある大きな庭園が特徴的な、格式ある専門式場ですね。観光名所にもなっています。

昔からある専門式場ですが、10年ほど前は経営危機に陥り、その後の業績回復の中で一時期はクレームが殺到した事もあるようです。

 

現在の八芳園の特徴は生涯式場として、今後の人生の節目に応じたイベントや、披露宴当日のレシピをいつでも食べられる等の長期にわたるサービスを打ち出している事です。ここで挙式・披露宴を行った場合、末長いお付き合いとなります。

また、歴史ある立派な庭園ですので、将来的にも無くなる事はまず考えられません。

二人の記念の場所として残り、いつでも行く事の出来るという、希望に沿った式場と言えるでしょう。

 

スタッフの対応については非常に良かったです。二人の意向に寄り添うような形での式を実施できるのではないかと思います。サービスや演出面での融通はききやすいと思われます。というより、アレンジしないと損かもしれません。

披露宴会場の設備は多過ぎて全てを見る事はできませんでしたが、全体的に綺麗で設備自体も新しいものが多かったです。

料理については試食フェアに参加ができ、十分に満足いく内容でした。内容もアレンジして作っていく感じですね。


アクセスは白金台駅の目の前、品川からシャトルバスも出ています。ただし、1日の結婚式が多い会場であるため、シャトルバスは30分間隔で定員は25人程度のため時間帯によってはすぐに満員になるようです。自分たちも乗ろうと思ったのですが、満員のためタクシーで向かう事になりました。

また、隣に提携しているシェラトン都ホテルがあることから、宿泊先からの移動も容易です(他にも提携ホテルはあります)。

 

敷地内にはカフェもありますし、庭園を散策することもできるので、早めに来たゲストが休憩するにはかなり楽な場所だと思います。

費用面では会場費がかなり高い印象です。ただし、持ち込み料はカメラマンなどごく一部を除いて不要になっているので、衣装を持ち込むのは容易です。

注意点として、衣装については持ち込みありの場合セットプランを使えないので、全部八芳園で借りるか、全部外部で借りるかの2択となります。

 

神前式の神殿は本館内に配置されており、珍しい出雲式です。二礼四拍手一礼などが特徴的で、他の神社とは作法が異なります。神職の方は六本木にある出雲大社東京分祠から来るそうです。雅楽生演奏等も付きます。ちなみに八芳園で挙式した後は出雲大社へお参りする方も多いのだとか。

 

庭園では主に記念撮影を行うことになりますが、さすがに複数の挙式が並行して行われる会場ですので、この時ある程度のバッティングは避けられないでしょう。バッティングが絶対嫌な場合は、ゲストハウス等の貸切できる会場を確保することを考えたほうがいいと思います。