JNRの婚活記録&結婚後ブログ

パートナーエージェントでの婚活の記録と結婚後の生活とか

セミナー@パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断は色々役立ちそうだったので興味本位で受講しました。

婚活で最重要となるコミュニケーション関連のセミナーとは異なり、今ひとつ効果が見えにくいかもしれないパーソナルカラー診断。

 

このセミナーですが、個人的にはファッションの基礎が出来ている人向けだと思います。色使いをどこで活かすかと言うと、ファッションに1ランク上の色使いを上乗せするのが一般的と思われるので、パーソナルカラー単体で大きな効果は難しいかも。

また、第一印象は服装を含めた全体の印象になるので、そこがイマイチだとパーソナルカラーを合わせても効果は薄くなると思います。

色の相性が悪くても服のセンスがいい人と、色の相性は合わせてあってもダサい人のどちらを選びますか?考えるまでもないでしょう。そもそも服のセンスがそれなりにある人なら、本人との色の相性が少々悪くても全体の雰囲気は壊さないものです。

 

なお、自己診断は主観が入って全く当てにならないので、正確に診断したいなら専門家に診断してもらうことをお勧めします。

 

ちなみに、ファッションセミナーは受講しませんでした。受けなかったのは単純に必要性を感じなかったからです。センスのいい友人夫婦から見ても服のサイズや着こなしは十分な評価を得ていました。

 

受講してみて

セミナーでの診断結果はイエロー・スプリングでした。実際、色を合わせると顔色が良く、明るい印象になります。色を合わせた時と合わせない時であまりの違いがあったのは衝撃でした。

ただ活動中は手持ちに合う色の服が無かった事と、そこまでしなくても普通に交際成立を取れていたので全然活かせなかったですね。そもそも活動用にメガネは何本か買ったのに、わざわざ服を買い足したりはしなかったです。

 

スプリングは大まかに明るいパステルカラー系及びゴールド系が合うのですが、これは男性としてはかなり難しいです。

パステルカラーは言わずもがなで特にスーツは暗色系が基本でパステルカラーなんか普通はあり得ないという困った感じです。個人的にはライトグレー系のスーツは全く似合わないので、さらに困ります。

シャツ・ネクタイ等のインナーの首回りだけでも意識すると違ってくるそうでこの辺は今後に活かそうと思ってます。パーソナルカラー的には合わない色は顔から遠ざける事が大事だとか。

 

ゴールド系は合わせる事自体が難しく成金的でダサくなりがち。特に光沢のあるゴールドなんか基本無理です。くすんだ渋いゴールドなら合わせやすいのですが。

反対にシルバーはブルー系のサマー・ウインターに合うため、色としての相性は悪めとの事。時計や一部のメガネにシルバー系を使っていますが、パーソナルカラー診断としてはNGです。

だからといって、メガネをゴールド系にすればいいかというと、そう単純ではありません。実際何度もメガネ屋で試しましたが、光沢ゴールドのメガネフレームはカラー診断的には最適なはずですが、実際かけるとギャグにしかなりません。

カラー診断的に色が合っていても、それが本人の雰囲気に似合っているかどうかは全く別問題という事。あくまで、基本的なファッションの積み上げに、ワンポイントの色使いで上乗せをするものと考えた方が良さそうです。カラー診断のみを優先して、色の基本的な組み合わせ相性自体を無視してしまうとおそらく酷い結果になると思います。

逆にスプリング・オータムには相性が悪めのシルバー系であっても、印象のコントロールという観点では使い方次第という事です。知的で鋭い印象に見せることもできるので、仕事では役立ちます。ただし、その分だけ顔から与える印象は厳しくなりますが。

 

パーソナルカラーは全体の雰囲気と、顔・首周りの色使いに気を使って行けば顔の印象にいい結果が得られるので上手く活かしましょう。やはり、ファッションの基礎がある程度確立した人の方に向いているというのが感想です。

うまく使えば印象をかなり改善してくれるはずです。