JNRの婚活記録&結婚後ブログ

パートナーエージェントでの婚活の記録と結婚後の生活とか

婚活の服装@私服

結構悩ましい服装。

特に男性の場合、スーツが多いためか私服がダサい傾向にあります。

 

正直なところ服装なんて、清潔感があってそれなりおしゃれであれば十分です。

相手は何を見るかって、スーツor私服とか服の生地とかブランドとか値札じゃなくて、清潔感であり、女性の隣を歩いていても最低限釣り合いがとれて恥ずかしくない格好です。

本質的にはこれさえクリアできていればいいんです。

だから、やり方さえ押さえてしまえば簡単です。

 

個人的にスーツ推奨というのは手っ取り早く清潔感を出すための方法だと思ってます。

結婚相談所も客商売です、お客様に向かって面と向かってダサいとはなかなか言えませんからね。

スーツであってもアイロンもかかっていないようなヨレヨレであれば逆効果です。

 alexei-karamazov2.hatenadiary.jp

アラサーエンジニアさん受講のセミナーでは10〜20万くらいの予算らしいですが、これはまともな私服がない場合、選び方がわからない場合に、手っ取り早くお金で解決する方法に思えます。

しかし一式10万であっても、一式だけでは着まわしが出来ず、毎回同じ服では明らかに不自然です。

かといって、サイズを考慮して選んだ服は、今までの手持ちの服とはサイズが合わず、合わせられないでしょう。

着まわしを考えると3種類くらいパターンを作れるようにしてみるといいかもしれません。

時間が惜しいので、買い方はプロにコーディネートしてもらって基準を作ったほうがいいでしょう。

一度基準が分かればセール品狙いで安価に増やしていけます。

 

個人的に気をつけているポイント

サイズに気を付け、とにかくシンプルに余計なものを足さず、基本的なアイテムだけで仕上げましょう。変なアクセとか要らないので止めましょう。色数もなるべく減らします。

スーツを着崩すイメージでいくといいと思います。

ボトムスは固定して、トップスとアウターだけ交換でもいいです。

トップスとアウターがそれぞれ2着あればそれだけで4通り作れます。

なるべく節約しつつ効果を出すためインナーとベルトはコストカット対象。

 

ボトムス

ジーンズ以外で。暗色系なら汚れも目立たず使い回しやすい上、色の効果で引き締まります。

2本あればなんとかなります。

ジャストサイズならベルト無しもで履けるはず。ベルトは飾りのつもりで。

ポケットに物を突っ込むと崩れがかなり目立つので、ハンカチ以外の持ち物はカバンへ。

 

トップス

基本的にシャツ推奨、絶対にアイロンはかけておきましょう

襟、袖口の汚れにも注意。

パーソナルカラー診断を受けている場合は、トップスやインナーに自分と相性のいい色を持ってくると良いです。

一番無難なのは白無地シャツ。袖口裏や襟裏などに柄が入っていたりすると遊び心があっていいかも。

ストライプやチェック入りは控えめのもの、無地ベースに細いラインだと使いやすいです。

 

アウター

テーラードジャケット等、ある程度スーツを意識した形状がいいと思います。アウターは一番外側のため印象に与える影響は大きいです。

カジュアル寄りなジャケットは不向き。

 

革・スウェードが無難、ここもあまりにカジュアル寄りは避ける。

とにかく無駄な飾りのないシンプルで使いやすいデザインを。プレーントゥが一番無難。ウイングチップくらいならアリかな?

ギョウザ靴とか、変なフサフサのフリンジ付き(タッセルというらしい・・・)、無駄に先が尖った靴とかは間違いなくセンスを疑われるのでやめときましょう。

 

インナー

コストカット対象、白以外の色でサイズだけ注意。

そもそも消耗品ですし、ユニクロ等の量販店でジャストサイズで選んでおけば十分。

変な柄物は避けましょう。

あと、白ソックスとかも止めましょう、見つかったら間違いなく引かれます。

 

ベルト

コストカット対象。

数千円のシンプルな本革製を数本用意して使いまわせば十分。

ボトムスがジャストサイズなら締め付けなくていいのでベルトに負担もかかりません。

正直こんなところに注力するより、同じお金を目につく他の部分に回したほうが絶対に見た目改善の効率はいいです。

スーツと違って私服時はシャツを着ていればバックルくらいしかまともに見えないですから、そもそも印象は薄いんじゃないでしょうか。

 

カバン

とりあえずセカンドバッグやリュック厳禁、持って行ったらドン引き間違い無しです。

薄手のブリーフケースやトートあたりが無難かな?

男性の場合、カバンは限られやすく案外難しい気がします。

自分が受講したファーストコンタクトセミナーではカバン無しも推奨されていましたが、個人的には微妙なところ。

前述の通り物を服のポケットに入れると服のスタイルが崩れるので止めておきましょう。

 

だいたい、財布・定期とか小物類の持ち歩きに困りますよね?物を持ち歩かない!困らない!って人はいいですが。

リップクリームやあぶら取りにポケットティッシュ、目薬、ペットボトル、対女性の防寒対策用にちょっとしたストールとかカーディガン、その他の小物類を準備して入れておくのに必要でしょう。

デートは相手があって成立します、自分だけじゃありません。

実際に使わなくても、さまざまな状況に対応するための荷物は持っていくことをお勧めします。